新型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)のスペック比較!!

ニコちゃん
今回は新しく出たiPad Pro(2020)を前モデルのiPad Pro(2018)とのスペック比較しつつ紹介していきます😊

新型iPad Pro(2020)の注目機能!!

まずはわかりやすく、新型iPad Proの注目機能から紹介していきますね!

カメラ性能

まずは見た目ですぐにわかるカメラ!!
レンズが二つになり広角、超広角に対応しました😳

この辺りはiPhone 11ですでに使われている機能と同じですね!

 

LiDARスキャナ

このLiDARスキャナこそが今回のiPad Proの1番の目玉機能となってます👍

どんな機能なのかというと、カメラ横のLiDARスキャナで光の反射を利用し、対象物との距離を測定することでAR機能をパワーアップさせるような機能となってます😳

 

Appleの公式サイトにもAR機能を利用されていますが、例えばそんなAR機能でMacBookを表示させているときにカメラに手をかざしてみると、LiDARスキャナにより手の距離が測定されMacBookの手前にあるのか、MacBookの奥にあるのかでARの表示が変わる!という感じです👍

 

メモリの増加

前モデルのiPad Proでは容量1TBのモデルのみメモリ6GBで、それ以下のモデルは全てメモリ4GBでしたが今回の新型iPad Pro(2020)では全てのモデルでメモリが6GBとなってます😆

これは地味にありがたい仕様変更ですね😊

 

 

新型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)のスペック比較

では本題の新型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)のスペックを比較していきましょう!

 

CPU性能

搭載されているCPUは

・iPad Pro(2018)はA12X Bionic

・新型iPad Pro(2020)はA12Z Bionic

で、性能についてはYouTuberのKICSさんの動画でantutuのベンチマークスコアが公開されてたので参考にどうぞ!
ちなみにどちらも全く同じ性能だそうですw
XとZの違いとは🤔笑

メモリ

メモリについては先ほど紹介した通り、iPad Pro(2018)が4GB、iPad Pro(2020)が6GBとなっており増加してるので、重めのアプリを使っていても落ちにくくなって快適そうですね😊

 

Wi-Fi

新型iPad Pro(2020)にはWi-Fi6が採用されているのでiPad Pro(2018)に比べて4倍〜10倍ほど通信スピードがアップすると言われています!😳

新型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)のスペック比較!!まとめ

新型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)のスペックを比較まとめ
・カメラ性能:広角、超広角撮影が可能
・LiDARスキャナでAR機能のパワーアップ
・メモリが4GB→6GBへ変更
・Wi-Fi6に対応
今回は新型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)のスペックを比較していきましたが、iPad Pro(2018)を持っている自分としてはあんまり新型を買うメリットは感じなかったです😂
逆にそれ以前のモデルを持っている方や、そもそも持っていない方にはオススメできる感じですね🤔
あとはAR機能を重視したい方や、画像編集、動画編集なんかをガッツリやりたい方も(メモリが6GBのため)新型の方がオススメです!😊
しかし2018モデルとの違いはそれほどないので、少しでも安く買うために新型ではなく値下がりした2018モデルを買うのも全然アリかと👍
ニコちゃん
2018モデルを購入した時の記事もあるのでコチラからどうぞ😊
最新情報をチェックしよう!